JR101系 増結用中間車2両セット

<432-1>JR101系 増結用中間車2両セット

※写真は製品を組み立て後、塗装を施したものです。

最終更新日:2021年11月26日
商品番号
<432-1>
商品名
JR101系 増結用中間車2両セット
税込価格
¥1,320.-
発売時期
12月以降 (再生産品)
実車について

101系は,1957(昭和32)年に製作された試作車を経て、翌年から量産された新性能国電のパイオニアです。
72系920番台をさらに洗練した車体とカルダン駆動のDT21台車を装備し、MM'ユニットを採用したこの電車は当初モハ90系と呼ばれ、1956(昭和34)年の称号改正で101系に改められました。
オレンジ色で中央線快速にデビューし,順次東京・大阪の通勤線区に投入されました。一部は中央東線用としてパンタ部を低屋根にした800番台も存在しました。さらに一部の車両は後に冷房改造を受けました。

商品セット構成

・中間車ボディ
・配管付き屋根/床板
・配管無し屋根/床板
・床下機器(No.3/No.4/No.6)
・塩ビガラス
・ウエイト
・取扱説明書
※詳しくは、取扱説明書をご覧ください。

商品の特徴

■板状の未塗装プラ製車体キットです(成型色:グレー)。
■本キットは,モハ100・モハ101(またはサハ100)の2両が制作できます。
■別売りの<432>JR101系 4両編成セットと組み合わせることで、6両以上の編成を楽しめます。
■妻板の選択と低屋根部分の切り継ぎにより、101系各タイプが製作可能です。
※塗料はプラ用塗料(GM鉄道カラーなど)をご利用ください。
※動力ユニット、台車、パンタグラフ、車両マークは別売りです。
※本製品にステッカーは含まれません。

※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

カラーガイド
ボディ
屋上機器
床下機器
上記カラーガイドは一例です.近似のものをご案内しております.
00
はGMカラーの番号
Mr.
00
はMr.カラー(GSIクレオス社製)の番号
を示します.

JR東日本商品化許諾済
JR西日本商品化許諾済

対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
この製品の情報をシェアする