西武20000系(池袋線・20103編成・登場時)増結用中間車6両セット(動力無し)

<31877>西武20000系(池袋線・20103編成・登場時)

写真はイメージです。

最終更新日:2024年7月 1日
商品番号
<31878>
商品名
西武20000系(池袋線・20103編成・登場時)増結用中間車6両セット(動力無し)
税込価格
¥24,200.-
出荷日
2024年7月 5日
問屋への納品日は7月 8日です。店頭での発売開始はその当日から数日後となります。
実車について

西武20000系は、従来の主力車両101系の後継車として1999(平成11)年から製造された20m4扉アルミ車体の通勤型車両です。自社線内専用車として前面貫通扉がなく、大型1枚ガラスを採用するなどの特徴があります。
6000系6050番台車と同様のアルミ車体ながら、新しい車体構造を採用したことにより、製造工数の削減・低コスト化・車体強度の向上などが図られています。
2005(平成17)年度までに140両余りが製造され、10両編成と8両編成で活躍しています。

編成図
<31877>西武20000系(池袋線・20103編成・登場時)編成図
商品の特徴

■西武20000系20103編成を登場時の姿で製品化
■シンボルマーク貼付け前・種別行先表示器が3色LEDの姿を再現
■SS150台車を新規製作
■車両番号は印刷済み
■ステッカーは<31877>4両編成セット(動力付き)に付属し、種別行先表示、優先席、弱冷房車、車椅子マークを収録
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、ベンチレーターはユーザー取付け
■ラジオアンテナ、避雷器は一体彫刻表現
■車端部付きロングシートパーツを実装
■別売りの<31877>基本4両編成セット(動力付き)と組み合わせることで、実車同様の10両編成が再現可能

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

前回製品<30970>との違い
■登場時の姿を再現
■車両番号の変更
■新規製作のステッカーが付属
■車端部付きロングシートパーツを実装
■台車はSS150を実装

西武鉄道株式会社商品化許諾済
パッケージサイズ
8Rケース(縦31cm×横21.5cm×厚さ3.2cm)
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
補修部品
PT71C
パンタグラフ
 PT71C
<5809>
PT71C
関連製品
この製品の情報をシェアする