近鉄5211系(名古屋線)増結4両編成セット(動力無し)

<31814>近鉄5211系(名古屋線)増結4両編成セット(動力無し)

画像は試作品です。

最終更新日:2024年2月 1日
商品番号
<31814>
商品名
近鉄5211系(名古屋線)増結4両編成セット(動力無し)
税込価格
¥20,900.-
発売時期
4月以降
実車について

近鉄5200系は、1988(昭和63)年に急行兼団体用車両として登場しました。このうち5209系は、1991(平成3)年に登場した5200系の派生形式車両です。
停車頻度の少ない長距離列車への運用を主としているため、両開き1300mm幅で片側3扉の車体を採用し、全て自動転換クロスシートとすることで座席数の確保と快適性を追求しました。正面窓には曲面ガラスを採用し、貫通扉の窓ガラスを縦長にして5208Fまでを5200系、補助電源装置にSIVを採用した5209F、5210Fを5209系、更にボルスタレス台車を採用した5211F~5213Fを5211系として区別しています。

編成図
<31814>近鉄5211系(名古屋線)増結編成図
商品の特徴

■近鉄名古屋線で活躍している近鉄5211系
■1999(平成11)年以降の塗装簡略化後、標識灯未更新の姿を再現

■車両番号、車椅子・ベビーカーマークは印刷済み
■種別行先表示、優先座席、弱冷車は付属ステッカー(新規製作)からの貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中
パッケージサイズ
4Rケース(縦20.2cm×横18.8cm×厚さ3cm)
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
補修部品
PT48
パンタグラフ
 PT48
<5804>
PT48
関連製品
この製品の情報をシェアする