近鉄5211系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)

<50708>近鉄5209系+2800系(名古屋線)6両編成セット
最終更新日:2022年6月17日
商品番号
<50709>
商品名
近鉄5211系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)
税込価格
¥35,640.-
出荷日
2022年6月15日
問屋への納品日は6月16日です。店頭での発売開始はその当日から数日後となります。
実車について

近鉄5200系は、1988(昭和63)年に急行兼団体用車両として登場しました。このうち5209系は、1991(平成3)年に登場した5200系の派生形式車両です。
停車頻度の少ない長距離列車への運用を主としているため、両開き1300mm幅で片側3扉の車体を採用し、全て自動転換クロスシートとすることで座席数の確保と快適性を追求しました。正面窓には曲面ガラスを採用し、貫通扉の窓ガラスを縦長にして5208Fまでを5200系、補助電源装置にSIVを採用した5209F、5210Fを5209系、更にボルスタレス台車を採用した5211F~5213Fを5211系として区別しています。
近鉄2800系は、1972(昭和47)年に冷房装置付のロングシート車両として製造されました。1979(昭和54)年までに製造された17編成のうち、2801F~2804FはMc-M-Tcの3両編成、2812F・2814FはMc-Tcの2両編成、残りはMc-T-M-Tcの4両編成です。
1997(平成9)年より、一部の編成で「L/Cカー」化改造とともにトイレが設置されています。

編成図
<50709>近鉄5211系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)編成図
商品の特徴

■近鉄名古屋線の急行列車で運転される4+2の6両編成
■2800系はボディ、パンタ付き車両の屋根、クーラーを新規金型で、5211系は補助電源装置が変更された床下機器を新規パーツでそれぞれ再現

■2800系(2814編成)はパンタグラフが下枠交差型に交換された2016(平成28)年以降の姿を再現
■車両番号、車椅子・ベビーカーマークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(2800系:黄色、5200系:電球色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

近畿日本鉄道(株)商品化許諾済
パッケージサイズ
8Rケース(縦31cm×横21.5cm×厚さ3.2cm)
対象年齢
15歳以上
試作品情報
関連ワード
別売対応品
関連製品
この製品の情報をシェアする