近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)

<31637>近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)

※画像は試作品です。

情報公開日:2022年6月16日
商品番号
<31637>
商品名
近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
税込価格
¥22,550.-
発売時期
11月以降
実車について

近鉄12200系は1968(昭和43)年から8年間にわたって160両余りが製造された特急用車両です。12000系スナックカーの改良型として、初期の車両はスナックコーナーが設置されていましたが、増備車からは客室化されました。当初は2両編成で登場しましたが、利用客の増加に伴い中間車を組み込んで4両編成化され、さらに2編成が6両編成化されました。
その後の更新工事でスナックコーナーは撤去され、客室または車内販売準備室となりました。12200系スナックカーは、2021(令和3)年2月12日に定期特急列車としての運用を離脱しました。

編成図
<31637>近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)編成図
商品の特徴

■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属
■更新後の晩年の姿を再現

■車両番号は付属車両マーク選択式
■前面側面種別・行先表示、号車表示、座席番号表示、全席指定、パンタ注意表記は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ベンチレーター、ヒューズボックス、臭気抜き、連結器格納箱、貫通路開扉パーツはユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中
パッケージサイズ
4Rケース(縦20.2cm×横18.8cm×厚さ3cm)
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
関連製品
この製品の情報をシェアする