東急電鉄旧5000系 2両編成セット

<309>東急 旧5000系

※写真は製品を組み立て後、塗装を施したものです。

最終更新日:2021年9月 8日
商品番号
<309>
商品名
東急電鉄旧5000系 2両編成セット
税込価格
¥1,650.-
発売時期
11月以降 (再生産品)
実車について

東急5000系は、東急初の軽量高性能車として1954(昭和29)年に登場しました。車体が全体に丸く、当時の流行りである湘南型前面2枚窓、明るい緑一色の姿から通称「青ガエル」と呼ばれ親しまれました。3両編成で登場した後、中間電動車を組んだ4両編成や、増結用の2両編成も製造されました。
東急において一時代を築いた後、1977(昭和52)年より廃車が始まりましたが、一部の車両は、長野電鉄や福島交通、岳南鉄道、熊本電鉄、上田交通、松本電鉄に譲渡され、各社で塗装や仕様の変更などを受けました。
東急での活躍は、1986(昭和61)年の目蒲線での運転が最後となりました。

商品の特徴

■板状の未塗装プラ製車体キットです(成型色:グレー)。
■本キットは、Mc×2両が製作できます。
■加工によりTc、付属の切継ぎパーツの利用で中間車の製作も可能です。
■5200系の前面パーツが付属します。
※塗料はプラ用塗料(GM鉄道カラーなど)をご利用ください。
※動力ユニット、台車、パンタグラフ、車両マークは別売りです。

※商品の仕様は実車と異なる場合がございます。

カラーガイド
上記カラーガイドは一例です.近似のものをご案内しております.
00
はGMカラーの番号
Mr.
00
はMr.カラー(GSIクレオス社製)の番号
を示します.
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
この製品の情報をシェアする