名鉄5500系

<307>名鉄5500系

※写真は製品を組み立て後、塗装を施したものです。

最終更新日:2019年3月27日
商品番号
<307>
商品名
名鉄5500系
税込価格
¥1,650.-
出荷日
2019年3月27日 (再生産品)
実車について

特別料金をとらない大衆向けの車両としては日本初の冷房付という歴史を持つ名鉄5500系は、1959(昭和34)年に誕生しました。
車体デザインは先の5200系に準じていますが、側面窓は5000系と同様の二段窓に戻りました。登場当時の車体色はベージュとマルーンの塗り分けでしたが、その後ストロークリーム+赤帯に変更。1961(昭和36)年の7000系「パノラマカー」登場後は,スカーレット+白帯をまとい、1970(昭和45)年ごろからスカーレット単色に順次変更されました。
その後も、7000系をはじめとする通称SR車と共通で運用されましたが、2002(平成14)年に小牧線に300系が導入されると4両編成が全て廃車となり、残った2両編成3本も歴代カラーのリバイバルなどを実施した後、2005(平成17)年の空港線開業前に引退しました。

商品セット構成

・ボディ
・屋根/床板
・サービス前面
・床下機器(A-1/B-2)
・クーラー(AU12)
・塩ビガラス
・ウエイト
・ステッカー

商品の特徴

■板状の未塗装プラ製車体キットです(成型色:グレー)。
■本キットは、5500系先頭車2両編成が制作できます。
■付属の非冷房モニターパーツを使用することで5200系タイプを、また付録の非貫通前面と、側面を丸く加工して5000系が製作できます。
■上記の他、同型の車体を持つ長野電鉄2000系や、富山地方鉄道10020系非冷房車も製作できます。この他、サービスパーツとして、富山地方鉄道14760系の前面・スカートも付属します。
※塗料はプラ用塗料(GM鉄道カラーなど)をご利用ください。
※動力ユニット、台車、パンタグラフ、車両マークは別売りです。

※商品の仕様は実車と異なる場合がございます。

カラーガイド
上記カラーガイドは一例です.近似のものをご案内しております.
00
はGMカラーの番号
Mr.
00
はMr.カラー(GSIクレオス社製)の番号
を示します.
名古屋鉄道株式会社商品化許諾済
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
この製品の情報をシェアする