JR211系5000番台(神領車両区K107編成)3両編成セット(動力無し)

<30474>JR211系5000番台(神領車両区K108編成)

※画像は試作品です

最終更新日:2022年5月19日
商品番号
<30475>
商品名
JR211系5000番台(神領車両区K107編成)3両編成セット(動力無し)
税込価格
¥17,600.-
出荷日
2022年5月17日
問屋への納品日は5月18日です。店頭での発売開始はその当日から数日後となります。
実車について

211系は、国鉄時代の1985(昭和60)年に登場したステンレス車体の直流近郊型電車です。国鉄分割民営化後は、各社において使用線区に対応した新たな区分により製造された車両も多く、JR東海に登場した5000番台は名古屋・静岡都市圏でのラッシュ対策としてオールロングシート、トイレ無しの仕様で登場しました。
その後、使用線区の拡大とともに長距離運用も増え、クハ210形にトイレを設置した5300番台が登場しました。
神領車両区所属の211系5000番台は、主に中央西線名古屋~中津川間・関西線名古屋~亀山間の普通・快速列車として、313系と共に活躍しています。

編成図
<30475>JR211系5000番台(神領車両区K107編成)編成図
商品の特徴

■中央西線名古屋口で活躍する211系5000番台K編成を製品化
■前面行先表示は点灯式、行先は付属ステッカーからの選択式

■車両番号、JRマーク、ATS・エンド・所属・定員各表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席、車椅子・ベビーカーマークは新規製作される付属ステッカーからの選択式
■前面貫通幌はユーザー取付
■列車無線アンテナ、信号炎管、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

JR東海承認済
パッケージサイズ
4Rケース(縦20.2cm×横18.8cm×厚さ3cm)
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
関連製品
この製品の情報をシェアする