東武10000型(未更新車・伊勢崎線・旧ロゴ)増結用先頭車2両セット(動力無し)

<30457>東武10000型(未更新車・伊勢崎線・旧ロゴ)6両編成セット

▲写真は試作品です

最終更新日:2021年6月28日
商品番号
<30458>
商品名
東武10000型(未更新車・伊勢崎線・旧ロゴ)増結用先頭車2両セット(動力無し)
税込価格
¥12,760.-
発売時期
11月以降
実車について

東武10000型は、1983(昭和58)年に8000系の後継車として登場しました。車体は、9000系をベースとしたステンレス製20mで、2両編成・6両編成・8両編成が製造され、伊勢崎線と東上線にそれぞれ配置されました。
2007(平成19)年からはリニューアル工事が施工され、パンタグラフの一部撤去や前照灯の更新、種別行先表示器のフルカラーLED化、車内更新などが行なわれ、東武スカイツリーラインの車両は2015(平成27)年に全車リニューアル化が完了。2010(平成22)年から施工が開始された編成は、車内外ともに一部施工内容が変更されています。
2012(平成24)年の東京スカイツリー開業に合わせて、ボディ側面に掲げられた社紋が改められました。

編成図
<30458>東武10000型(未更新車・伊勢崎線・旧ロゴ)編成図
商品の特徴

■伊勢崎線で活躍した10000型未更新車を旧ロゴの姿で製品化
■11201編成は東上線転属前の2005(平成17)年頃の姿

■車両番号、社紋、乗務員室立入り禁止は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷房車は付属ステッカー(新規製作)からの選択式
■列車無線アンテナはユーザー取付け
■避雷器は省略
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■車端部付きロングシートパーツを搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

【6月28日追記】
本ページ記載の商品仕様・配信配布の概要書に一部誤植がございました。大変申し訳ございません。

【誤】
避雷器はユーザー取付け

【正】
避雷器は省略

東武鉄道株式会社商品化許諾申請中
パッケージサイズ
2Rケース(縦12cm×横20.2cm×厚さ3.2cm)
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
この製品の情報をシェアする