名鉄7700系白帯車(妻面窓無し)基本2両編成セット(動力付き)

<30352>名鉄7700系白帯車(妻面窓無し)基本2両編成セット(動力付き)
最終更新日:2021年5月15日
商品番号
<30352>
商品名
名鉄7700系白帯車(妻面窓無し)基本2両編成セット(動力付き)
税込価格
¥15,180.-
出荷日
2020年10月 9日 (再生産品)
実車について
名鉄7700系は1973年7000系パノラマカーの支線特急用として登場した車両で、パノラマカーと共通の片開き扉と連続窓が特徴の外観ながら前面が貫通タイプとなっています。4両固定編成と2両固定編成が登場しましたが、1991年には全ての編成 が特急専用の白帯化と2両固定編成化されました。その後特急運用から引退後は再びスカーレット一色とされ、三河線を中心に引退まで活躍しました。引退直前の2009年には7711編成が再度白帯化され、2010年の引退を迎えました。
商品の特徴

■2両固定編成化後特急専用の白帯をまいた、三河線ワンマン化改造前の姿を製品化
■妻面の窓の有無を作り分け

■車両番号(7715・7716)、Mロゴマークは印刷済み
■種別・行先表示は付属ステッカーからの選択式
■クーラー、ベンチレーター、列車無線アンテナ、電話アンテナは取付け済み、ヒューズボックス、避雷器は一体彫刻表現
■走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■先頭車同士の連結には付属のスイングドローバー(増結セットに付属)に交換して対応
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

名古屋鉄道株式会社商品化許諾済
対象年齢
15歳以上
関連ワード
別売対応品
この製品の情報をシェアする