ロゴ
 
グリーンマックス製品詳細
 
 
 
最終更新日
  2015年5月28日
ロゴ
商品番号
商品名
価格
発売情報
7004
[未塗装キット] EVOLUTIONシリーズ
  国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>
     基本4両編成セットA(車体キット)JRマーク入り
本体価格4,800円
2015年5月20日
出荷済
7005
[未塗装キット] EVOLUTIONシリーズ
  国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>
     基本4両編成セットB(車体キット)JRマーク入り
本体価格4,800円
2015年5月20日
出荷済
7006
[未塗装キット] EVOLUTIONシリーズ
  国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>
     増結用中間車2両セット(車体キット)サハ2両
本体価格2,500円
2015年5月20日
出荷済
シリーズ
  Nゲージ未塗装キットシリーズ
製品形状
 7004:吊り下げ型クリアパック(大)
 7005:吊り下げ型クリアパック(大)
 7006:吊り下げ型クリアパック(中)
※記載の月日は問屋への納品日となり、店頭での発売は、その当日から数日後となります  
 
国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットA(車体キット)JRマーク入り/国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットB(車体キット)JRマーク入り/増結用中間車2両セット(車体キット)サハ2両 イメージ画像
 
 
 ★他社製の足回り・動力が利用でき、ユーザの好みによる
   対応が可能な設計。
 ★車体上回りキットとしたことで、ハイクオリティで低価格が
   実現。
 ★車体は組み立てやすい一体成型。
 ★「JRマーク」は同梱の車両マーク(転写式)で対応。
 
   *JR東日本商品化許諾済、*JR東海承認済、JR西日本商品化許諾済
 
 
 国鉄103系は1963(昭和38)年に製造した試作編成を経て、1964(昭和39)年から量産製造がはじまった国鉄時代の代表的な
 4扉通勤型電車です。
 1984(昭和59)年の製造終了までの間、3000両以上も製造されました。その中でも中間電動車のモハ102は、国鉄・JRを通して
 単一形式としては最多製造数を誇ります。
 103系は高度成長期の日本の通勤路線を長期間支えてきた車両であり、非常に多くの通勤・通学者が利用した車両といえます。
 車体色は配置された路線色に塗られ、ターミナル駅での乗り換え時や、初めて乗る人にも路線名がひと目でわかりました。
 その後、製造工程の効率化を図るため側面窓部のユニット窓化や、通勤環境改善のため冷房装置追加、運転間隔改善と安全性
 の向上のためATC(自動列車停止装置)装備、地下鉄線乗り入れ対応用に103系をベースとした103系1000、1200番台の製造
 などにより多彩なバリエーションが生まれました。
 使用線区によって、最小3両編成から、最大15両編成までいろいろな種類の編成、車体形態、車体色が存在しましたが、さらに
 後年の更新・延命工事、改造などによって車両ごとの個体差が顕著となったことで、かつての「旧型国電」のように趣味的に大変
 興味深い物になっています。
 近年は新世代の通勤電車に置き換えられて総数は激減しましたが、2012年現在でもいまだ活躍中であり、最後の活躍が注目
 されています。
 
国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットA(車体キット)JRマーク入り/国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットB(車体キット)JRマーク入り/増結用中間車2両セット(車体キット)サハ2両 イメージ画像
国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットA(車体キット)JRマーク入り/国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットB(車体キット)JRマーク入り/増結用中間車2両セット(車体キット)サハ2両 イメージ画像
 
製品の特徴
103系の中で初期に製造されたグループ(低運・非ユニット窓・冷改車)をプロトタイプに製品化。
7004:103系のグループで「クモハ」の設定がある初期形の冷房改造車。
7005:103系のグループで両端先頭車が「クハ」の編成である初期形の冷房改造車。
7006:103系のグループで初期形の冷房改造車の「サハ」。
車体はGM(床板/TR200)、KATO(103系)、TOMITEC(鉄道コレクション用動力ユニット)など各社の床板・動力ユニット取り
付けに対応する形状・構造。
ガラス(正面、側面、妻面、行先方向幕、列車番号表示部)は全てはめ込み式。
車体は前面・妻板・天井・側面が一体成型品で未塗装。
基本セットには車両マーク(転写式)としてJRマーク(白字)を同梱。
模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。
装備品
 
7004
7005
7006
       備  考
 ヘッドライト


×
 
 テールライト


×
 
 台車



 
 動力ユニット


×
 
 スイングドローバー


×
 
 パンタグラフ


×
 
 ステッカー



 
 車両マーク



 ※7004、7005はJRマークの転写式インスタントレタリングが同梱
[記号の意味] ●=標準装備、  ◎=付属、  ○=別売対応、  △=一部対応、  ×=非対応、  −=未付属

編成例
国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットA(車体キット)JRマーク入り/国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成セットB(車体キット)JRマーク入り/増結用中間車2両セット(車体キット)サハ2両 編成画像
 
オプションパーツ(他社製品を含む)
メーカー
品名 および 品番
取付可否・取付上の注意(制限)事項など
TOMIX
 室内照明ユニットLC白色 狭幅
 (No.0733/1本入、または0737/6本入)
 対応
 ※ボディ内側の天井面に両面テープで固定。
TOMIX
 室内照明ユニットLC電球色 狭幅
 (No.0734/1本入、または0738/6本入)
 対応
 ※ボディ内側の天井面に両面テープで固定。
必要工具
カッター(付属パーツ・ステッカーの切り出し)
ピンセット(付属パーツ・ステッカーの取り付け時)
ニッパー(付属パーツの切り出し)
カッターマット(作業用)
ゴム系接着剤(パーツ取り付け用)
塗料(車体塗装用)
ドリル刃 Φ0.4mm/Φ1.2mm/Φ2.6mm(※GM純正部品で組み立てる場合に用意する径を指します)
ピンバイス
その他
製品の主な材質 本体:ABS
 


※上記記載内容は、都合により変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※対象年齢15歳以上
 

当サイトの画像などの無断転載を禁じます
©1999- GREENMAX Corporation.All rights reserved.