ロゴ
 
グリーンマックス製品詳細
 
 
 
最終更新日
   2013年10月31日
ロゴ
商品番号
商品名
価格
発売情報
1107T
[塗装済モデル]
 京成3700形 6次車 4輛編成動力付きトータルセット
本体価格14,000円
2013年10月28日
再生産・出荷済
1107M
[塗装済モデル]
 京成3700形 6次車 増結用中間車4輛セット
本体価格11,500円
2013年10月28日
再生産・出荷済
シリーズ
 Nゲージ/塗装済キットシリーズ
製品形状
 1107T:塗装済キット用共通箱
 1107M:塗装済キット用共通箱
※記載の月日は問屋への納品日となり、店頭での発売は、その当日から数日後となります  
京成3700形 6次車 実車画像
 
 京成3700形は、1991年に登場した通勤形電車で、2011年現在、
 8両編成14本(112両)、北総鉄道にリースされた8両編成1本(8両)、
 そして6両編成2本(12両)の132両が在籍しています。この6次車
 (※)は、2000年に6両編成2本登場し、前部標識灯の位置や急行
 灯のと位置変更などの、大幅なマイナーチェンジを行いました。本形
 式としては初の6両固定編成となり、千葉線や千原線での運用も可
 能になりました。翌年以降、更に同仕様の8両編成3本(7・8次車)が
 登場し、現在に至ります。※従来商品と容易に区別を図るため、便
 宜上の表現として、当商品名としております。
 
 ★京成3700形の新たなバリエーション展開です。新規金型を
   伴う展開は8年振りになります。
 ★特徴ある前面や屋上、妻板に変化が生じた箇所を新規金型を
   起用して再現いたします。
 ★動力ユニットを室内灯対応型(本製品では非対応)を採用し、
   より安定した走行をお楽しみいただけます。
 ★他線へも乗り入れ、京急や北総の車両と並べると、よりお楽し
   みいただけます。
                     *京成電鉄商品化許諾済
 
 [ご案内訂正] 動力車用の床下機器パーツについて (2011-03-01)
 
 
製品の特徴
完成品水準の塗装済みキット
一体成型塗装済みボディに屋根とサッシ印刷済みのガラスをはめるだけの簡単な構成。初心者の方にも最適。
内容豊富なステッカー付属
行先や種別表示が選択可能なステッカーが付属。車番も同様にステッカーによる選択式。
ロゴマークは車両マーク(インレタ)による選択式
工作派のニーズにお応えし、従来のステッカー式から車両マーク(インレタ)方式に変わりました。
 
室内照明ユニットは対応いたしません。
製品の仕様
 
1107T
1107M
       備  考
 ヘッドライト
×
×
 非対応
 テールライト
×
×
 非対応
 動力ユニット


 室内照明対応完成品標準型(2モーター式)【18m級】
 TNカプラー
×
×
 非対応
 室内灯
×
×
 非対応
 ステッカー


 S−1107(仮)
 Keiseiマーク


 ステッカーで表現します ※従来品は印刷済
 GROUPマーク


 車両マーク(転写マーク)式
[記号の意味] ●=標準装備、  ◎=付属、  ○=別売対応、  △=一部対応、  ×=非対応、  −=未付属
 
ベースとなる京成3700形が完成品モデルに対応するための仕様変更を行ったため、ボディと側面ガラスが前回品と異なり
ます。また、床板は集電対応タイプのものに変更されますが、ボディの構造上、室内照明ユニットの取り付けには対応して
おりません。ご了承ください。
 
3700形のうち、2000年以降に増備された編成に対して、前面などにマイナーチェンジが行われた6次車をプロトタイプといたし
ます。
前面および前面ガラス、妻面や屋根板など変化が生じた箇所は新規に起用いたします。
前面窓のワイパーは、印刷にて表現いたします。
従来製品に印刷されていた「Keisei」プレートは、3858編成以降に対応させるため印刷は入りません。
封入されるステッカーは、新規に起用いたします。
「K'SEI GROUP」マークは、従来のステッカーから車両マーク(転写マーク)に変更いたします。
床下機器は、実車と近似形状の部品を採用いたします。従来商品に封入されていた部品とは形状が異なります。
台車は、近似形状の「FS547」を使用いたします。成型色は、現行仕様として灰色といたします。なお、集電には対応しておりま
せん。
動力ユニットは、走行をより安定させるため、完成品で使用されている「2モーター式」を採用いたします。
取り付けにあたり、車体裏側のリブを削る小加工が必要です。固定は両面テープを使用いたします。
動力車用の床下機器パーツは、左右分割式です。※2011年3月1日変更
パンタグラフは、PT71Aを使用いたします。
室内表現は、従来品と同様の部品を使用いたします。
部品共用により、一部実車と異なる部分がございます。
仕様は、予告無く変更を行う場合がございます。予めご了承ください。
カラーガイド(未塗装部分)
乗務員仕切(客室側)…No.21     同(運転室側)…No.41     屋上機器… No.14     
床下機器・胴受・配管・連結器…No.9    客室内床面…No.5    スカート・仕切り扉…No.8   コンソール…No.10
シート…No.26(優先席…No.9) 表面保護…No.40、No.44  テールライト…47(Mrカラー) ※特記以外はGMカラー
必要工具
接着剤(ABS用・ゴム系)
カッター(ステッカーの切り出し 他)
カッターマット(作業用)
ピンバイス
ドリル刃(φ0.8mm)
その他
製品の主な材質 本体:ABS樹脂、ケース:PP
 


※上記記載内容は、都合により変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※対象年齢15歳以上
 

当サイトの画像などの無断転載を禁じます
©1999- GREENMAX Corporation.All rights reserved.